経営塾プログラム 

背景

経営塾とは、すでに起業している中小企業の経営者らを対象に、半年間のトップマネジメント研修を通じて自社の改善計画を立てられるようにしようという実践型経営手法プログラムです。この取組はベトナム日本人材育成センター(VJCC)が9年前に開始し大成功を収めている「経営塾」を手本とし、ラオスの現状にあった形に見直し実現したものです。  


経営学者として世界に大きな影響を与えてきた野中幾次郎氏は、リーダーシップには以下の6つの能力が必要だと述べています。 

(1)「善い」目的をつくる能力
(2) ありのままの現実を直観する能力
(3) 人々が創発し合える場をタイムリーにつくる能力 
(4) 直観の本質を物語る能力(戦略立案能力)
(5) 物語(戦略)を実現する政治力
(6) 実践知を組織する能力 


また、パナソニック株式会社創業者の松下幸之助氏は、ビジネスで成功するために以下の6つスキルが必要だと述べています。


・健全な経営戦略を発展させるスキル
・技術スキル
・マーケティングスキル
・自己管理スキル
・財務管理スキル
・ビジネスを企画するスキル 


また松下氏は、組織のトップに立つ人に向け、以下の教えを残しています。

・生成発展の観点を大切にすること。生成発展とは、古きものが滅び、新しきものが生まれるということ。
 絶えざる創意と工夫とによって、これを生成発展の道に生かしていくとき、そこに限りない繁栄、平和、幸福が生まれる。
・経営とは人間が行うものであり、人間が幸せになるために行う活動である。 
・日々変化し続ける顧客のニーズに応えつづけること。商品やサービスは会社によって異なるが、人々の生活に貢献したいと
   いう思いは同じである。会社にとって利益を出すことは重要だが、それは最終的なゴールではない。 
・当たり前のことを適時適切に実行すること。そこに商売なり経営の秘訣がある。 
・会社は、社会ととも成長、発展していく。だからこそ、関わる人皆が幸せにできる会社を築くことが大切だ。 
・常に顧客のニーズに耳を傾けること。 
・経営者はどんな状況でも強い自信をもつこと。
   そうしてこそ、何事にも対処ができ、より良い道を切りひらいていくこともできるのである。 
・自分にしかない強みを全面に出すこと。 
・モノをつくる前に、まず人をつくること。 
・経営について幹部だけが考えるのではなく従業員全員の知恵を結集させること。 
・毎日が新しく、毎日が門出である。 
・経営者は、人々を動かす権力があると同時に、関わる人々や資源を守る使命がある。
・政治意識を持つこと。 
・素直な心をもつこと。素直な心とは、寛容にして私心なき心、広く人の教えを受けること。 
                         

この経営塾プログラムでは、理論的な概念や上記スキルの様に成功を収めた企業家が創造し伝承する数多くの事例に触れながら、自らのビジネス問題を分析し、独自の改善計画を立案するスキルを開発するための指導が受けられます。
また、クラス内でお互いに学びあい情報交換ができることから、より広範囲なビジネスネットワークを構築し、将来に役立たせることが可能となるでしょう。

概要

各科目は1か月単位で進められますが、最初の1週間はワークショップ形式中心の講義を受講していただき、残りの3週間は講義で取得した知識を応用し、受講者自身で実際の現状に即したビジネス分析やビジネスプラン作成に関わる課題に取り組んでいただきます。

開講時間: 月曜 – 金曜 9時~16時 (昼休憩: 1 時間)

分野

• 経営理念について・企業運営・ビジネス戦略
• 経営戦略
• 財務戦略
• 自己管理
• ビジネスプラン
• ワークショップ

受講者数:     15~20人
受講者する期待

経営塾受講者は、企業の上層部であり、自社をもっと良くしたいという高い意識をもつ人が望ましいです。
また、十分な英語力を有することが望ましいです。(専門家から直接英語で指導が受けられる・プレゼンテーションができる)
熱意をもってできる限り多くのプログラムに参加をしてください。 欠席が多い場合やプログラム内での分析や計画を適切に行えない場合に関して、経営塾への参加資格が失われることがあります。 

受講費: US$2000
スケジュール
準備期間

 2018年5月-8月 : 募集期間 
 ・履歴書
 ・自社の現状と自社が抱える優先課題とその解決策について
 2018年9月 : 面接・合否発表       

プログラムスケジュール
schedule
主催者

・Principal: Assoc. Prof. Dr. BounlouaneDouangngeune 
・Advisors: Mr. YasujiroSuzuki and Mr. Takao Fujii 
・Secretary general: Ms. LeepaiaBouapao 
・Coordinator: Ms. Khamphouy VILAYSOUK     

概要

1.  経営理念機能,事業戦略事業運営
期間

2018年 10月15日-19日

講師

Mr.Chosaku Toda and Assoc. Prof. Dr. BounlouaneDouangngeune

目的

グローバル化が進む今、ビジネス界も目まぐるしい速度で日々変化し続けています。
そんな中で、他社と競合し今後打ち勝っていくためには現状を総合的に理解できているかが非常に重要です。
経営塾では皆様と現状を分析し、今後のビジネス界とどう向き合っていくかを考えます。 

内容

1) 経営をとりまく現状について
2) 戦略的な経営とは
3) 経営における問題とは
4) BSCを通した解決策の立て方

2. マーケティング戦略 
期間

2018年 11月19日- 23日

講師

Masakazu Hirakawa and Ms. Leepaia Bouapao

目的

実践的なマーケティング方法とマーケティング活動の管理方法について学ぶこと。
受講者が、それぞれの会社にあわせたマーケティング計画を立てられること。

ターゲット

1. 経営戦略、マーケティング計画を評価する企業の最高幹部
2. 企業のマーケティング担当者
3. 効果的な経営戦略の立て方を学びたい経営陣

内容

受講者には、講義とワークショップの両方を通し、持続的な経営戦略の枠組みとマーケティング計画について学んでいただきます。講義では、様々なケーススタディーを用意しています。
ワークショップでは, チーム全体でメンバーのひとりが今後始めようとしているビジネスを計画書にして作成してもらいます。

達成目標

1. 実用的なマーケティング戦略について理解する 
2. マーケティング計画を作成できる
3. マーティング戦略並びに計画を評価できる

3. 財務戦略
期限

2018年12月 10 -14日

講師

Mitsuhiro Mukaiyama, Truspire Co., Ltd and Ms. MalayphoneSonephachan

目的

参加者は、中小企業のマネジメントに欠かすことのできない財務戦略について学ぶこと。 
財務活動をする上で、欠かすことのできない知識とスキルを身につけること。 

達成目標

 財務戦略の概念が理解できる
 自身の財務戦略を考えることができる
 学んだことを実際に自身が抱える現状問題に活用することができる 

カリキュラム

10科目、10以上の講義を受講していただきます。
受講者が最も大切なポイントを学べるよう演習が準備されています。
講義の内容は変更する場合がございます。

4. 個人戦略
期間

2018年 1月 21日-25日

講師

Kyoko Yamazaki, Gakushuin University and Ms. SouthanomPhinsavath

目的

ヒト、モノ、カネは3つの重要な経営資源として考えられています。しかし、多くの場合ヒトに関する問題は後回しにされるため、戦略的な人事管理が行われず、結果労働者が放任されてしまうのです。
戦略的な人事管理を行うことは、そうした問題を解決するだけでなく、市場経済における競争を勝ち抜くことに繋がります。

内容

1) 組織と社員が抱える問題を理解する(モチベーション・リーダーシップ・チームワークなど)
2) HR施策群について理解する(雇用、評価、報酬など)
3) 日本と欧米の人事システムの違いを理解する(新卒採用・終身雇用・転職など) 
4) 自分の会社にあった人事戦略を考える

5. ビジネスプラン
期間

2019年 2月18日-22日

講師

Tetsuo Fukuyama and Dr. PhanhpakitOnphandala

目的

参加者がビジネスプランの枠組みと評価方法について理解すること。
参加者それぞれが自社のビジネスプランを作成できるようになること。

ターゲット

1. 企業の最高幹部
2. 企業の企画担当者

内容

講義は、ワークショップと並行して行われ、ビジネスプランの枠組みや書き方について学ぶことができます。
講師は、参加者の質問に答えながら、様々なケースに応じた内容を講義します。
ワークショップでは、参加者それぞれが実際のビジネスプランを作成します。

達成目標

1. ビジネスプランの枠組みと作成方法を理解する 
2. ビジネスプランを実際に作成できる
3. ビジネスプランの評価ができる