Laos-Japan Institute  |   ສະຖາບັນລາວ-ຍີ່ປຸ່ນ    |    ラオス日本センター

2020年6月~9月、京都大学大学院総合生存学館(通称、思修館)の海外サービスラーニング授業の一環として、LJIが調査研究に協力し、両者の初めての協働プロジェクトが行われました。

LJIで日本語を勉強している学生は、全3回の交流会およびワークショップで、ラオスの文化を共有し、インタビュー・調査票へ回答するなどの協力を行いました。。

そのような協働から生まれた3つの調査研究について、少しだけご紹介します。

(1)テーマ:ラオスにおける健康意識に関する調査

思修館学生は、ラオスにおける、健康意識、水質、栄養について、調査を行いました。85%の回答者が奇妙な色/味の水を経験していたこと、また、41%の回答者が、最寄りの病院まで5 km 以上離れたところに住んでいること、などが明らかとなりました。

(2)テーマ:ラオスにおける高等教育に関する調査

奨学金受給などに関する、LJI学生の社会的・経済的背景が、高等教育をうけることにどのくらい影響し与えているかを調べるアンケートを行いました。結果、奨学金を受け取っている方の3分の2が、低中所得者であること、奨学金を受け取っている方の93%が、高等教育をうけるために奨学金を必要と感じていること、などが明らかとなりました。

(3)テーマ:ラオスにおけるセクシャルマイノリティに関する調査

ラオスにおけるセクシャルマイノリティに関する状況を明らかにするために、アンケート調査を行いました。その結果、10代の若者はセクシャルマイノリティを支持していること、回答者の51%は女性より男性の方が優遇されていると感じていること、などを明らかにしました。

そして、9月25日には、京都大学東一条館と中継をした、以上の調査研究についてオンライン成果報告会を実施し、LJIからブンルアン所長のほか、JICAラオスから押切次長が登壇されました。

コロナが拡大した2020年、あきらめかけていた国際的取り組みに、オンラインだからこそ繋がることのできた多くの方々の協力を得ることができました。 ラオス・日本間で新たな国際交流と教育の形を見出すことができたのではないでしょうか。

 

S 82493507

Cooperating with GSAIS (Graduate School of Advanced Integrated Studies in human survivability) in Kyoto University, we, LJI&GSAIS working group, conducted the online survey about healthcare, access to higher education, and sexual minority in Laos from June to September in 2020.

LJI students studying Japanese participated in online get-togethers and workshops (3 times) and provided some feedback to the online questionnaire and had the online interviews.

Here, we summarised the result of each topic:

  • Healthcare issues in Laos: GSAIS students focused on health literacy, water quality, and nutrition in Laos. They found that 85% of respondents had experienced strange water taste or color, and the distance to the closest hospital was less than 5 km for 41% of the respondents.
  • Higher education access in Laos: Their purpose of survey was to understand how socio-economic background of Laotian students, especially whether awarding scholarships, affected access to higher education. They showed that two thirds of scholarship recipients were low to middle income households and 93% of scholarship recipients thought it was decisive to perform study activities.
  • Sexual & gender minority in Laos: They aimed to understand the situation of sexual & gender minorities in Laos. Their results revealed that teenagers tended to be supportive for the gender minority and 51% of respondents answered that men were highly or more privileged than women.

On September 25, the final report session of the survey results was held at GSAIS. Dr. Bounlouane, Director of LJI, and Mr. Oshikiri, Senior Representative of JICA Laos Office, kindly participated in it and provided some comments for further collaboration in the future. With the expansion of COVID-19, international activities have been limited. However, kindly our supporters who might not have met without online communication helped students' activities.

Under the challenging situation, this opportunity has created a new form of education and international cooperation between Laos and Japan.

スクリーンショット 2020 09 25 17.24.28